「温泉」のNEWS

「温泉」(Wikipediaより)

温泉

温泉(おんせん)は、地中から湯が湧き出す現象や湯となっている状態、またはその場所を示す用語である。その湯を用いた入浴施設も一般に温泉と呼ばれる。人工温泉と対比して「天然温泉」と呼ぶ場合もある。 熱源で分類すると、火山の地下のマグマを熱源とする火山性温泉と、火山とは無関係の非火山性温泉に分けられる。含まれる成分により、さまざまな色、匂い、効能の温泉がある。 広義の温泉(法的に定義される温泉):日本の温泉法の定義では、必ずしも水の温度が高くなくても、普通の水とは異なる天然の特殊な水(鉱水)やガスが湧出する場合に温泉とされる(温泉の定義参照)。温泉が本物か否かといわれるのは、温泉法の定義にあてはまる「法的な温泉」であるのかどうかを議論する場合が一般的である(イメージに合う合わないの議論でも用いられる場合がある)。アメリカでは21.1度(華氏70度)、ドイツでは20度以上と定められている。 温泉の成り立ち 地熱で温められた地下水が自然に湧出するものと、ボーリングによって人工的に湧出あるいは揚湯されるもの(たとえ造成温泉でも)どちらも、温泉法に合致すれば温泉である。

温泉ロープ

『ドラえもんの道具 (おは-おん)』より : ドラえもんのひみつ道具 (おは-おん) では、藤子・F・不二雄の漫画『ドラえもん』、『大長編ドラえもん』(VOL.1〜17)、藤子・F・不二雄のその他の著作に登場するひみつ道具のうち、読みが「おは」で始まるものから「おん」で始まるものまでを列挙する。 オバケせんこう オバケせんこうは、「オバケせんこう」(藤子・F・大全集4巻に収録)に登場する。 目をつぶり、頭でオバケの形を考えながらこの線香の煙を吹くと、そのオバケが実体化して出てくる。このオバケとは会話をすることもできる。 オバケタイマー オバケタイマーは、「オバケタイマー」(てんとう虫コミックス36巻に収録)に登場する。 ハト時計のような形をした時計で、オバケを出したい時間に針をセットすると、セットした時間に窓が開いてオバケが出てくる。指令を出しておけば、近くにいた人を脅かして無理やり宿題などをやらせる事もできる。 お化けたん知機 お化けたん知機(おばたんちき)は、「弱いおばけ」(てんとう虫コミックススペシャル『ドラえもん カラー作品集』5巻に収録。

温泉権

温泉権(おんせんけん)とは、温泉源を利用する権利のこと。土地に存在する温泉の利用権のことをいい、土地の所有権とは別に取引することができる。
温泉権は、慣習による物権的権利であるが、日本は物権#物権法定主義 物権法定主義(b:民法第175条 民法175条、民法施行法35条)を採っているため、厳密には債権であって、信義則による保護によって物権的性質を示しているとされる。法令に定めのない物権を設定する契約は、物権設定契約としては無効となるが、債権契約としては有効であり、当事者間で効力を有する。もっとも学説によっては、世界各国の法制度を比較検討し、物権の一般的性質というものを定義した上で、温泉権を「物権」や「慣習上の物権」に分類しているものもある。また、訴訟において当事者双方が「物権」と称している権利については、当事者が訴訟内において主張するところの「物権」という扱いで判決文が書かれることがある。しかし、日本の法体系における形式的分類によるならば、温泉権は債権に分類されるものである。なお、物権法定主義は、物権的性質を持つ債権が慣習によって生じることを否定するものではない。

温泉街

温泉街(おんせんがい、おんせんまち)は日本に於ける温泉の宿泊施設や温浴施設などが立ち並ぶ町並み。飲食店や土産物店、遊戯店、また、日常の生活に必要な商店などが存在する。宿泊客は浴衣で町並みを散策することも多い。温泉場(おんせんば)とほぼ同義。この温泉場は近年、温泉ホテルの影響を受けている。 温泉街の形成条件 一概に温泉街といっても実に多種多様である。鉄筋の大型ホテルやリゾートホテルが建ち並ぶような温泉街から昔ながらの木造旅館が並ぶもの、昔ながらの湯治場など様々である。このような変化を及ぼす要因としては次のようなものが挙げられる。 地形条件地形条件はその場所が、沿岸部、丘陵地、田園地帯、山野、河谷、急崖などによって温泉街の開発に制約が生じたり、また温泉街の構成に面的な変化が起こったりする(例:指宿温泉、伊香保温泉、宇奈月温泉など)。また、周辺の自然景観を借景や囲繞環境として有効活用したりと、温泉地のイメージに応じた開発が行われたりする(例:由布院温泉、瀬波温泉など)。

温泉偽装問題

温泉偽装問題(おんせんぎそうもんだい)は、2004年(平成16年)に問題が発覚した、温泉の利用実態に関連した問題の総称。問題点は大きく分けて、入浴剤の利用に関すること、水道水の利用に関すること、源泉の利用され方に関すること、源泉の無許可開発に関することである。 問題の発端は、2004年(平成16年)6月に週刊ポストが掲載した、長野県の白骨温泉における入浴剤利用である。白骨温泉は元々乳白色の源泉だが、その色が1996年頃から薄くなる問題が一部の施設で発生した。白骨温泉のイメージとして浸透している透明度の低い乳白色の湯船を作り出すために、入浴剤の利用が始まったという。入浴剤の利用自体は当時の温泉法には抵触しなかったが、利用者への説明がなかったことや人気温泉地だったこともありニュースで大きく取り上げられ、また長野県も県内の温泉利用実態の独自調査報告を公開した。 2004年(平成16年)8月に入り、群馬県の伊香保温泉の一部旅館で風呂に水道水を利用しているにもかかわらず温泉利用と称していたことが発覚した。

温泉郡

温泉郡(おんせんぐん)は、愛媛県(伊予国)にあった郡。 郡域 1878年(明治11年)に行政区画として発足した当時の郡域は、松山市の一部(北吉田町、別府町、山西町、衣山、中央、山越町、木屋町、高砂町、清水町、道後各町、桜谷町、溝辺町、高野町、上高野町、食場町、湯の山、末町、湯山柳、玉谷町、藤野町、水口町、河中町、東川町、大井野町、米野町以南かつ南吉田町、窪田町、富久町、針田町、土居田町、小栗、拓川町、立花、中村、小坂、枝松、松末、三町、畑寺町、東野以北)にあたる。 古代 かつては現在の松山市中心部にあった郡であった。古代には湯郡(ゆのこほり)と呼ばれていた。湯郡・温泉郡という地名は、現在の日本最古の道後温泉の名称にちなむとされる。 = 式内社 = 『延喜式』神名帳に記される郡内の式内社。 近世以降の沿革 明治初年時点では全域が松山藩領であった。「旧高旧領取調帳」に記載されている村は以下の通り。(1町35村) 中村、小坂村、枝松村、樽味村、桑原村、新百姓村、松末村、三町村、畑寺村、正円寺村、東野村、湯山村、溝辺村、石手村、道後村、衣山村、北江戸村、南江戸村、竹原村、斎院村、別府村、山西村、北吉田村、南吉田村、高岡村、久保田村、富久村、針田村、土居田村、小栗村、藤原村、立花村、持田村、壱万村、味酒村、松山城下 明治4年7月14日(1871年8月29日) - 廃藩置県により松山県の管轄となる。

温泉岳

『雲仙岳』より : 座標: 北緯32度45分41秒 東経130度17分56秒 / 北緯32.76139度 東経130.29889度 / 32.76139; 130.29889 雲仙岳(うんぜんだけ)は、長崎県の島原半島中央部にある火山で千々石カルデラの外輪に位置する。広義では普賢岳、国見岳、妙見岳の三峰、野岳、九千部岳、矢岳、高岩山、絹笠山の五岳からなる山体の総称。「三峰五岳の雲仙岳」と呼ばれる。行政区分では島原市、南島原市、雲仙市にまたがる。狭義ではいわゆる「三峰五岳」のうちの「三峰」を指すこともある。 最高峰の平成新山(1,483m)を中心に、周囲に、普賢岳(1,359m)、国見岳(1,347m)、妙見岳(1,333m)、野岳(1,142m)、九千部岳(1,062m)、矢岳(943m)が存在する。普賢岳や平成新山の溶岩は千々石カルデラ由来である。つまり、小浜温泉沖合いの橘湾地下のマグマだまりから供給されている。主峰は普賢岳(ふげんだけ)だが、1990年(平成2年)から1995年(平成7年)にかけての火山活動で平成新山(へいせいしんざん)が出来、こちらの方が標高が高くなった。

温泉へ行こう! (テレビドラマ)

温泉へ行こう!(おんせんへいこう)は、東京放送 TBS系列の昼ドラマ・愛の劇場のシリーズのひとつ。
1999年9月13日から12月10日まで第1シリーズが65話放送され、2000年11月27日から2001年2月23日まで第2シリーズが59話、2002年1月28日から4月12日まで第3シリーズが54話、2003年9月1日から11月14日まで第4シリーズが55話、2004年11月29日から2005年2月18日まで第5シリーズが55話それぞれ放送された。
また、2004年11月10日には夜2時間スペシャルを放送している。
大手銀行に勤めていた薫が、幼い頃別れた生みの親の母・志津江が営む老舗温泉旅館「蔵原」の女将になるよう言われる。仲居からのいじめにめげない薫は徐々に仲居たちに認められる存在になる。蔵原の支配人・健司とは犬猿の仲であったが、いろいろな障害を乗り越えて結婚するがすれ違いから離婚する。

温泉へ行こう!

『温泉へ行こう! (テレビドラマ)』より : 『温泉へ行こう』(おんせんへいこう、Let's go ONSEN)は、TBS系列のテレビドラマシリーズ枠「愛の劇場」で放送された昼ドラ(昼帯ドラマ)である。 温泉旅館を舞台にした帯ドラマで、1999年から2005年にかけて全5シリーズが放送され、第5シリーズをもって「温泉へ行こう」シリーズは幕を閉じた。また、2004年11月10日には、『水曜プレミア』枠で「温泉へ行こうスペシャル」を放送。さらに2008年、主人公の椎名薫を引き継いだ新シリーズ「温泉へGo!」が同年9月1日から11月21日の間に放送された。最高視聴率は2001年2月7日放送(第2シリーズ)で記録した13.2%。 2012年11月6日から2013年6月5日まで、BS-TBSの「奥さま劇場」枠にて第1シリーズから第5シリーズまで再放送された(同枠の初回放映作品)。また、「温泉へ行こうスペシャル」を金曜劇場枠で再放送された(2013年7月12日)。 第1シリーズから第4シリーズの初頭までの舞台となった旅館「蔵原」は、静岡県伊東市にある Southern Cross Resort 内の割烹旅館「御宿りゅう石」である。

温泉へ行こう (テレビドラマ)

『温泉へ行こう! (テレビドラマ)』より : 温泉へ行こう!(おんせんへいこう)は、東京放送 TBS系列の昼ドラマ・愛の劇場のシリーズのひとつ。
1999年9月13日から12月10日まで第1シリーズが65話放送され、2000年11月27日から2001年2月23日まで第2シリーズが59話、2002年1月28日から4月12日まで第3シリーズが54話、2003年9月1日から11月14日まで第4シリーズが55話、2004年11月29日から2005年2月18日まで第5シリーズが55話それぞれ放送された。
また、2004年11月10日には夜2時間スペシャルを放送している。
大手銀行に勤めていた薫が、幼い頃別れた生みの親の母・志津江が営む老舗温泉旅館「蔵原」の女将になるよう言われる。仲居からのいじめにめげない薫は徐々に仲居たちに認められる存在になる。蔵原の支配人・健司とは犬猿の仲であったが、いろいろな障害を乗り越えて結婚するがすれ違いから離婚する。

温泉町

温泉町(おんせんちょう)は、かつて兵庫県北西部(美方郡)に存在した町。旧二方郡。本項では町制前の名称である温泉村(おんせんむら)についても述べる。 2005年10月1日、浜坂町と合併して新温泉町となったことにより、消滅した。 地理 湯村温泉で知られる。 隣接していた自治体 兵庫県 美方郡:浜坂町、香美町(村岡区・小代区) 鳥取県 鳥取市(国府町) 岩美郡:岩美町 八頭郡:若桜町 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制施行により二方郡春来村・歌長村・湯村・細田村・竹田村・井土村・今岡村・金屋村・熊谷村・伊角村・檜尾村の区域をもって温泉村が発足。 1896年(明治29年)4月1日 - 所属郡が美方郡に変更。 1927年(昭和2年)4月15日 - 温泉村が町制施行して温泉町となる。 1954年(昭和29年)10月1日 - 照来村・八田村と合併し、改めて温泉町となる。 2005年(平成17年)10月1日 - 浜坂町と合併して新温泉町が発足。

温泉町ケーブルテレビ夢ネット

『新温泉町ケーブルテレビ夢ネット』より : 新温泉町ケーブルテレビ夢ネット(しんおんせんちょうケーブルテレビゆめネット)は兵庫県美方郡新温泉町(温泉地区)をエリアとする町営のケーブルテレビ局である。 2004年6月 試験放送開始 2005年4月 温泉町ケーブルテレビ夢ネットとして正式に開局 2005年10月1日 浜坂町・温泉町が合併(新設合併)し、新温泉町になったため、新温泉町ケーブルテレビ夢ネットに改称 2010年7月 地上デジタル放送の試験放送開始。9月、地上デジタル放送の本放送開始。 所在地 新温泉町ケーブルテレビ事業室 兵庫県美方郡新温泉町湯990番地8 サービスエリア 兵庫県美方郡新温泉町(温泉地区) 新温泉町全域サービスエリア構想と反対運動 新温泉町では2008年から2010年までの3年でケーブルテレビの旧浜坂町へのエリア拡張を計画していた。

温泉神社

温泉神社(おんせんじんじゃ)という名前の神社は日本各地に存在する。その名前の通り、多くは温泉に関わる神社である。
日本は火山帯が縦横に走り、各地に温泉がある。温泉は、湯神・温泉神として古来より崇敬の対象となってきた。その神を祀るのが湯神社・温泉神社である。古代に発見された温泉の多くは、大己貴神(大国主)とスクナビコナ 少彦名神が発見したと伝えられ、温泉神社の祭神である温泉神にはこの二神が充てられていることが多い。
延喜式神名帳には、温泉に関する神社として「温泉神社」が3社、「温泉石神社」「湯泉神社」「湯神社」「御湯神社」「玉作湯神社」が各1社の計8社が記載されている。
温泉石神社(宮城県大崎市・鳴子温泉) -- 式内社。祭神は大己貴命・少彦名命。

温泉分析書

ファイル:Hot spring analyze documents.jpg 250px thumb 温泉分析書の例(川湯温泉駅併設の足湯のもの)
温泉分析書(おんせんぶんせきしょ)とは、温泉の成分、禁忌症及び入浴または飲用上の注意の説明書。
温泉法第18条第1項の規定により、温泉の施設内への掲示が義務付けられており、脱衣場の出入口や室内に掲示されていることが多い。また、同条第2項および第4項の規定により、分析は都道府県知事の登録を受けた分析機関が実施すること、およびその掲示内容を都道府県知事に届け出ることが義務付けられている。
同条第3項の規定では、温泉法施行令第1条で規定する温泉成分分析を受けるべき期間(10年以内)ごとにその分析を受け、掲示の内容を変更しなければならない規定が、平成19年4月25日公布、同年10月20日施行の「温泉法の一部を改正する法律(平成19年法律第31号)」によって加えられた。この規定は、同改正法附則の規定により、原則として平成21年12月31日までに再分析とその掲示を必要とする。

温泉郷

温泉郷(おんせんきょう、おんせんごう)は、一定の範囲内に集まっている温泉の総称である。範囲の取り方については明確な規定もなく、また温泉郷を名乗る上での明確な規定もない。 温泉郷は、旅行ガイドブックなどで用いられる表現であった。石川理夫の著書『温泉法則』によれば、江戸時代には温泉郷という表現は用いられずに箱根七湯、別府十湯のように名数での表現が主流であった。「温泉郷」という語を用いた古い文献としては、1909年(明治42年)出版の大町桂月著『行雲流水』、1918年(大正7年)出版の田山花袋著『温泉めぐり』が挙げられる。 その後、第二次世界大戦前の鉄道省が出版した『温泉案内』において、温泉郷という表現が多用されるようになり、表現が定着していった。また戦後は複数の温泉地を国民保養温泉地に指定する際に用いられる表現としても用いられ、国民保養温泉地指定の際の「温泉郷」表記利用の最初のケースは、1957年(昭和32年)9月27日指定の熊野本宮温泉郷(湯の峰温泉、川湯温泉、渡瀬温泉)である。

温泉番付

温泉番付(おんせんばんづけ)とは、温泉地を大相撲の番付に見立てて格付けしたものである。 温泉番付が初めて作られたのは、江戸時代の寛政年間といわれている。当時歌舞伎役者の人気を相撲の番付風に格付けした、見立て番付が流行した。同じようなものが数々のジャンルに対して作成され、温泉番付もその中の1つとして作成された。その番付は効能の高さを元にランク付けされている。そのため、番付によっては温泉名の上に効能が記述されているものもある。番付の東西は、大相撲の番付の考え方と異なり、単に東日本の温泉は東に、西日本の温泉は西に番付されている。ただし、幕内下位の西日本の欄には東日本の温泉が一部入っている。 温泉番付は江戸、大坂など、町人文化が発達したところで町人によって作成され、その後各地の温泉地でも作成された。この時代の番付の特徴としては、 作成された場所により、温泉地の番付に変化がある 誤字脱字、該当温泉地が不明のものがある。1の理由としては、近くの温泉や自分の温泉地をひいきにしたりすることが多かったためである。

温泉寺 (神戸市)

温泉寺(おんせんじ)は兵庫県神戸市北区にある黄檗宗の仏教寺院。山号は有馬山。本尊は薬師如来。宗派はもとは真言宗であった。 縁起によれば、724年、行基により有馬温泉郷の傍、六甲山系は愛宕山の中腹に開かれたとされ、鎌倉時代の仁西を中興の祖とする。 1576年に火災で全山焼失したが直ちに北政所によって再建された。 その後再び火災にあい、1582年に現在ある薬師堂が建立された。しかし明治時代初めの廃仏毀釈で、1590年に豊臣秀吉が有馬大茶会を開催したとされる阿弥陀堂も含め、薬師堂以外の堂塔は全て取り壊されてしまった。その後、廃寺となった旧温泉寺の奥の院であった黄檗宗清涼院が寺籍を継いで現代に至っている。 境内には資料館「御祖師庵」が設けられ、寺の歴史に関する資料が展示されている。 文化財 重要文化財 木造波夷羅大将(ばいらたいしょう)立像 - 鎌倉~室町時代の作。波夷羅大将は薬師如来を守護する十二神将の一。 黒漆厨子 その他 薬師堂 (桃山時代1590年建立) 薬師如来及び両脇侍(日光菩薩・月光菩薩)像(本尊) 伝平清盛五輪塔 (鎌倉時代末) 伝慈心坊尊恵五輪塔 (鎌倉時代末) 行事 1月2日 - 入初式 11月14日 - 御祖師祭(みそしまつり) 所在地・アクセス 〒651-1401 兵庫県神戸市北区有馬町1643 神戸電鉄 有馬温泉駅 徒歩10分 六甲有馬ロープウェー 有馬温泉駅 徒歩10分 周辺情報 極楽寺 (徒歩1分) 神戸市立太閤の湯殿館 (徒歩1分) 念仏寺 (徒歩1分) 湯泉神社 (徒歩1分) 有馬の工房 (徒歩1分) 銀の湯 (徒歩2分) 関連項目 日本の寺院一覧 日本の寺の画像一覧 外部リンク 神戸の空の下で。

温泉津町

温泉津町(ゆのつまち)は島根県邇摩郡にあった町。面積71.81平方キロ、人口3,962人(2004年3月末)。町名は温泉のある港の意味だが、難読地名とされる。 地理 島根県中央部に位置し、日本海に面する。複雑な海岸線のため、湯里港、湯戸港など漁港が多い。町名通り、温泉津地区には実際に温泉津温泉が湧く。 隣接していた自治体 大田市 江津市 邇摩郡:仁摩町 邑智郡:川本町 古代の石見国邇摩郡の地である。中世には豪族益田氏が支配権を確立し、石見銀山開発後の争奪戦で毛利氏は温泉津を重視し、鵜丸城を築いた。江戸時代には幕府直轄地となり、石見銀山領の佐摩組や波積組に属した。 沿革 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、近世以来の温泉津村が単独で自治体を形成。 1903年(明治36年)4月1日 - 温泉津村が町制施行して温泉津町となる。 1954年(昭和29年)4月1日 - 井田村・福波村・湯里村と合併し、改めて温泉津町が発足。

温泉寺 (豊岡市)

温泉寺(おんせんじ)は兵庫県豊岡市の大師山にある仏教寺院。山号は末代山(まつだいさん)。高野山真言宗の別格本山で本尊は十一面観音菩薩。 眼下にある城崎温泉郷の守護寺である。 寺伝では天平10年(738年)、城崎温泉の開祖の道智上人による開基で、山号と寺号はその時に聖武天皇より賜ったものである。 但馬最古の木造建造物である室町時代初期建立の本堂等は、国の重要文化財に指定されている。 本堂の北東には城崎美術館がある。 札所 西国薬師四十九霊場 第29番札所 西国三十三観音霊場 番外札所 但馬西国三十三箇所 第33番札所 境内 山麓 山門(仁王門) - 江戸時代明和期(1764年-1772年)建立。八脚二重門 薬師堂 - 江戸時代文化期(1804年-1818年)建立。薬師如来安置 山腹 本堂 - 室町時代初期、至徳4年(1387年)頃建立。入母屋造、正面5間、和様・禅宗様・大仏様の三様式折衷、十一面観音安置 多宝塔 - 江戸時代中期(1768年)建立。

温泉津温泉

温泉津温泉(ゆのつおんせん)は、島根県大田市温泉津町(旧国石見国)にある温泉。港町でもある当地は「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一部として世界遺産に登録されている。 泉質 含土類食塩泉 源泉温度:元湯=49.9℃ 薬師湯=45.9℃  湧出時は透明だが湯船では淡茶褐色を呈す。入浴のほかに飲泉も効果があり、味はやや苦渋い。古くからその効能の高さが知られている。1957年には、九州大学温泉治療学研究所(現・生体防御医学研究所別府地区)によって、原爆症に対する効能が報告されている。 温泉街 温泉津港から山側に伸びる温泉街は、賑やかな歓楽街などが見られず、鄙びた日本旅館が両側に立地する静かな街並みである。この古風な温泉街は2004年(平成16年)7月、「温泉津町温泉津伝統的建造物群保存地区」の名称で国の重要伝統的建造物群保存地区として選定された。温泉街としては初めての選定である(港町としての選定であるが、後に温泉町という項目も設けられた)。 また、温泉津は当時中世~近代に隆盛を誇った石見銀の輸出港でもあった。

「温泉」の動画


Warning: simplexml_load_file(http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/?vq=%E6%B8%A9%E6%B3%89+%E5%BA%83%E5%B3%B6&lr=ja&orderby=published) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 410 Gone in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 125

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/?vq=%E6%B8%A9%E6%B3%89+%E5%BA%83%E5%B3%B6&lr=ja&orderby=published" in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 125

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 127
現在「温泉」の動画はありません。