「ランチ」のNEWS

「ランチ」(Wikipediaより)

ランチ

ランチ lunch 昼食 日本のレストランや大衆食堂におけるセットメニューに対する呼称。多くの場合、提供される時間帯は問わない。 神戸ランチ学会 (グルメ地域団体) - Facebook上のコミュニティ http://www.facebook.com/Kobe.Lunch ランチ (ドラゴンボール) - 漫画の登場人物 LuncH (ランチ) - 肌着屋さん http://www.lunch8.com/ ranch 牧場 農場 ランチドレッシング。アメリカ合衆国でポピュラーなサラダドレッシングのひとつ launch 詳しくは→ローンチ 進水する、プログラムを立ち上げる 日本電気のパソコン・PC-9821シリーズにインストールされていたメニューソフトウェア「98ランチ」 舟艇の種類 装載艇・内火艇 - 大型船舶(特に軍艦)が搭載するボート 汽艇(小型の蒸気船)。

ランチャーストライクガンダム

『ストライクガンダム』より : ストライクガンダム(STRIKE GUNDAM)は、テレビアニメ『機動戦士ガンダムSEED』に登場する、モビルスーツ(MS)に分類される架空の有人式人型ロボット兵器の一つ。「ストライク」は英語で「攻撃」を意味し、更に「ガンダム」にはバクロニムが設定されており「STRIKE General Unilateral Neuro-Link Dispersive Autonomic Maneuver Synthesis System」とも表記される。 白・青・赤というトリコロールのカラーリングで、メカニックデザインは大河原邦男。 本項では、同型機であるストライクルージュ及び、関連作品に登場する派生機についても解説する。 機体解説 人型機動兵器「モビルスーツ」(MS)のひとつ。「地球連合軍」が開発した5機の試作機の1機で、劇中前半では主人公「キラ・ヤマト」が、後半からは連合軍人の「ムウ・ラ・フラガ」が搭乗する。白・青・赤という従来作品のガンダムタイプに多いトリコロールのカラーリングが特徴で、バックパックなどを換装することで多用な戦場に対応可能な汎用機という設定。

ランチ (ドラゴンボール)

ランチは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』およびそれを原作としたアニメに登場する架空の人物。アニメの担当声優は小山茉美。 エイジ732年6月17日生まれ。身長160cm、体重48kg。スリーサイズはB82 W57 H83。血液型はAB型。くしゃみをするたびに、おとなしい人格と凶暴な人格が入れ替わる多重人格の女性。凶暴な人格が銀行強盗(アニメでは列車強盗)を行って逃走していた際にくしゃみで人格が変わり、なぜ警官に追われているのか分からなくなっていたところを、亀仙人の修行を受けるため「ぴちぴちギャル」を探していた悟空とクリリンに助けられ、カメハウスに連れてこられた。 警察から隠れたいランチ自身の希望もあってそのまま住み込み、長年亀仙人やクリリンと暮らしていた。当初はおとなしい人格でいることが多かったが、第22回天下一武道会以降、凶暴な人格の出番が多くなる。その後もしばらくカメハウスに住んでいたが、ラディッツが地球にやってくる5年程前、天津飯を追いかけてどこかへ飛び出していったと語られており、以後の消息は不明。

ランチさん

『ランチ (ドラゴンボール)』より : ランチは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』およびそれを原作としたアニメに登場する架空の人物。アニメの担当声優は小山茉美。 エイジ732年6月17日生まれ。身長160cm、体重48kg。スリーサイズはB82 W57 H83。血液型はAB型。くしゃみをするたびに、おとなしい人格と凶暴な人格が入れ替わる多重人格の女性。凶暴な人格が銀行強盗(アニメでは列車強盗)を行って逃走していた際にくしゃみで人格が変わり、なぜ警官に追われているのか分からなくなっていたところを、亀仙人の修行を受けるため「ぴちぴちギャル」を探していた悟空とクリリンに助けられ、カメハウスに連れてこられた。 警察から隠れたいランチ自身の希望もあってそのまま住み込み、長年亀仙人やクリリンと暮らしていた。当初はおとなしい人格でいることが多かったが、第22回天下一武道会以降、凶暴な人格の出番が多くなる。その後もしばらくカメハウスに住んでいたが、ラディッツが地球にやってくる5年程前、天津飯を追いかけてどこかへ飛び出していったと語られており、以後の消息は不明。

ランチパック

ランチパックは、山崎製パンのシリーズ商品である。 1984年(昭和59年)発売。耳を切り落とした柔らかい食パンを袋状にして、具を封入したサンドイッチである。コンビニエンスストアやスーパーマーケットが主な販路であり、パンがつぶれないよう、内部から空気で膨張させる包装を採用している。手ごろな価格と量、豊富な種類や味付けの良さからサラリーマンやOLのランチや、食べ盛りの中学生・高校生などのおやつとして人気が高い。山崎製パンの主力商品の一つ。ランチパック専門のアンテナショップも展開されている。 なお、ランチパックとほぼ同一形態の商品は他社商品にも存在し、フジパンから「スナックサンド」、キムラヤから「ふんわりサンド」、神戸屋から「ラクふわパック」として発売されている。 スナックサンドについて、パッケージやフジパンWebサイトによると発売されたのは1975年との記述があり、スナックサンドはランチパックに先行していた商品ということになる。

ランチャー

ランチャー(launcher、ローンチャーとも)は、矢の発射や船の進水を意味する英語のlaunchから派生した語である。 日本語においては主に、以下のいずれかを指す。 ミサイルやロケットの発射装置。下記「発射装置」参照。 コンピュータにおけるプログラムを呼び出すためのソフトウェア。下記「コンピュータ」参照。 舟艇から小型ボートを水面に下ろすための装置も、ランチャーと呼ばれる。進水式を参照。 事業に乗り出すこと。起業を参照。launch自体の用例についてはローンチを参照。 発射装置 発射装置としてのランチャーは、ミサイルやロケットといったものを発射するための装置である。宇宙開発のための大型のロケットを発射する発射台施設も、その意味ではランチャーである。 ただ、ロケットやミサイルには、兵器としての側面があるため、ランチャーの中には、兵器の範疇で扱われるものも少なくない。 類似するものとしてはカタパルトが挙げられる。 兵器として 兵器としてのランチャーは、ロケットランチャーやミサイルランチャーがある。

ランチア

ランチア(Lancia Automobiles S.p.A. )は、イタリア・トリノを本拠地とする自動車メーカーである。1906年に設立され、1969年以降はフィアットグループの傘下にある。 イタリアでは巨大コングロマリットであるフィアットが大衆車から大型車までを揃え、自動車市場を占有していた(現在では同国内の事実上全ての自動車メーカーを系列下に収めている)ため、他社はフィアット車と競合しないスポーツカーや高級車などのニッチ市場に活路を求めた。その中でも代表的な高性能車、高品質車メーカーとして知られているのがランチアであり、モノコックボディ、独立式サスペンション、V型エンジン、5速トランスミッション、風洞実験に基づくボディーデザインなどを量産車において世界で最初に採用したメーカーである。 またランチアの最上級車はイタリアにおいて、ムッソリーニ体制の時代から現在まで元首の公用車として使われてきた歴史があり、伝統となっている。 ヴィンチェンツォ・ランチア時代 設立者は、ヴィンチェンツォ・ランチャ(Vincenzo Lancia 、1881年 - 1937年)である。

ランチェスターの法則

ランチェスターの法則(ランチェスターのほうそく、英:Lanchester's laws)とは1914年にフレデリック・ランチェスターによって発表されたオペレーションズ・リサーチにおける戦闘の数理モデルである。 ランチェスターの法則 第1法則 ランチェスターの第1法則はいくつかの前提に基づいた場合にだけ適合する一次方程式の戦闘モデルである。ランチェスターの理論でその前提は次のように整理される。 両軍は相互に射撃を行なうが、互いに相手の部隊の全てを有効な射程に収めている。 両軍の部隊の戦力は兵員と武器の性能によって同様に決まっているが、両軍の部隊が発揮できる戦闘効果は異なっている。 両軍とも相手が展開している地点の情報を持たない。したがって、射撃の効果がどれほど得られるか不明なまま戦場の全体に対して射撃を行なう。 両軍とも戦闘において残存する両軍の部隊は展開しているが、その部隊の配置は決して形式的に定まることはない。このような前提を踏まえれば、狭隘な地形において対峙している一対一の戦闘部隊による戦闘をモデル化したものと見做すこともできる。

ランチア・デルタ

デルタ(Delta )は、イタリアの自動車会社、ランチアが製造するハッチバック型の乗用車。ランチアの草創期1911年にも「デルタ」という車種が存在したが、ここでは1979年発表のモデル以降を記述する。 第1世代 ランチアは、フィアットに吸収される前1972年までフルヴィアを、フィアット吸収後の1972年~1980年にはベータという車種を製造しており、1979年発表のデルタもその流れを汲んだものである。先代のベータがセダン、クーペ、ステーションワゴンからオープンカー、ミッドシップまで豊富なボディバリエーションを持っていたのに対して、デルタは5ドアハッチバックのみであった。   当時の欧州では、1975年に発表されたフォルクスワーゲン・ゴルフが非常に大きな人気を博しており、2ボックス車に勢いがあった。デルタは、フィアットから先に発表されたリトモに引き続き、この流れに乗るべく投入された。スタイリングは、ゴルフを手がけたジョルジェット・ジウジアーロ率いるイタルデザインが担当し、1976年のコンセプトカーのマセラティ メディチ Ⅱを小型化したスタイリングで、大衆車然としたゴルフに対し、人工皮革のアルカンターラを多用した上品な内装によって「小さな高級車」を目指している。

ランチェスター

『フレデリック・ランチェスター』より : ランチェスター(Lanchester)は英語圏の姓。 エルザ・ランチェスター - イギリスの女優。 ヘンリー・ヴォーン・ランチェスター - イギリスの都市計画家。 フレデリック・ランチェスター - イギリスの自動車工学・航空工学のエンジニア。ランチェスターの法則で知られる。

ランチの女王

『ランチの女王』(ランチのじょおう)は、2002年7月1日から9月16日まで毎週月曜日21:00 - 21:54に、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本のテレビドラマ。主演は竹内結子。 洋食店「キッチンマカロニ」を舞台に、その店に現れた麦田なつみと鍋島四兄弟との恋模様や、その周囲に関わる人物達との交流を描いた笑いあり、涙ありの心温まるホーム・ラブコメディ。 あらすじ ランチが大好きな麦田なつみ(演:竹内結子)は、ひょんな事から洋食屋「キッチンマカロニ」で働きながらその家に住むことに。「マカロニ」の次男鍋島勇二郎(演:江口洋介)、三男の純三郎(演:妻夫木聡)、四男の光四郎(演:山下智久)、そして下宿人でもある牛島ミノル(演:山田孝之)と共に店で働くなつみ。長男健一郎(演:堤真一)の婚約者という嘘を抱えているのだが…最初は他人として距離をおく鍋島家となつみだが、元彼の修史(演:森田剛)が現れ…なつみの意外な過去を知った上で「家族」としての絆を深めていく。

ランチョンミート

ランチョンミート(英: luncheon meat)は、食肉を原料とした料理のひとつ。日本では缶詰のものがポピュラーである。別名はソーセージミート。沖縄県ではポークともいう。日本の他県では商品名のスパムが用いられることが多い。 本来のランチョンミートは、香辛料などを加えた挽肉を金型に入れて固めたものを、オーブンで加熱後に冷却して保存性を高めたホームメイド・ソーセージの一種である。ランチョンとは昼食の意味で、この種の保存食品がしばしば昼食のメニューに用いられたことからランチョンミートの名が定着した。再加熱することなく供されることも多いため、ハムやローストビーフ、ローストチキンなど冷たいままで用いられる肉料理の総称としてコールドカットとも呼ばれる。 缶詰のランチョンミート 普通の肉類缶詰では、別途加熱調理した肉類を缶詰加工することが多いが、ランチョンミートの場合、生で充てんした肉類を加熱殺菌と同時に調理するのが特徴。

ランチア・ラリー037

ランチア・ラリー(Lancia Rally )は、アバルトが開発を担当し、ランチアのブランドでフィアットグループが1982年の世界ラリー選手権(WRC)に投入したラリーカーおよびグループB認証の為に150台前後生産したロードカーの一般呼称名。四輪駆動のラリーカーが時代の趨勢となる中で、ミッドシップエンジン・リヤドライブ(MR)方式では最後のタイトル獲得車となった。 正式な車名は単に「ラリー」。FISAから日本でいうJAFにあたるイタリア自動車クラブに交付されたグループBの承認書には「Lancia Rally (151 AR0)」と記されている。ラリーに使用する車をラリーと呼称することは不都合な場合が多々あり、一般にはプロジェクトを指揮し、エンジン開発を担当したアバルトの開発コード「SE037」の037を取って037ラリー、ラリー037と呼ばれている(『80年代輸入車のすべて』三栄書房・67頁参照)。

ランチア・037ラリー

『ランチア・ラリー037』より : ランチア・ラリー(Lancia Rally )は、アバルトが開発を担当し、ランチアのブランドでフィアットグループが1982年の世界ラリー選手権(WRC)に投入したラリーカーおよびグループB認証の為に150台前後生産したロードカーの一般呼称名。四輪駆動のラリーカーが時代の趨勢となる中で、ミッドシップエンジン・リヤドライブ(MR)方式では最後のタイトル獲得車となった。 正式な車名は単に「ラリー」。FISAから日本でいうJAFにあたるイタリア自動車クラブに交付されたグループBの承認書には「Lancia Rally (151 AR0)」と記されている。ラリーに使用する車をラリーと呼称することは不都合な場合が多々あり、一般にはプロジェクトを指揮し、エンジン開発を担当したアバルトの開発コード「SE037」の037を取って037ラリー、ラリー037と呼ばれている(『80年代輸入車のすべて』三栄書房・67頁参照)。

ランチア・デルタS4

デルタS4(Delta S4 )は、イタリアの自動車会社ランチアが世界ラリー選手権(WRC)に参戦するために製造した車である。 型式名はZLA038ARO。 デルタの名を持つが、シャーシは量販車のデルタと異なる専用設計である。また型式名にランチアの800番台、フィアットの100番台でもないアバルトの開発コードSE038をそのまま使っていることも、ラリー専用車両であることを表している。 エンジンは、フィアット製1,759ccの直列4気筒DOHCツインチャージドエンジン。これをリアミッドシップに縦置きした。過給機はターボチャージャーに加え低回転域ではスーパーチャージャーを使うツインチャージャーを採用している。このエンジンは最高出力456ps/8,000rpm、最大トルク46kgf·m/5,000rpmを発生し、1986年最終戦アクロポリスラリーでは600psを超えていた。パワーウエイトレシオは2kg/psを切り、そのパワーで890kgの軽量な車体を加速させた。ただしこの過剰なパワーがピーキーな挙動を生み、乗り手を選ぶ車ともなった。

ランチア・イプシロン

イプシロン(Ypsilon 、以前はY )は、イタリアの自動車製造会社ランチアが製造した乗用車である。ランチアはフィアットグループの高級車部門を担っており、そのプレミアム・コンパクトカーと位置づけられるのがイプシロンである。 初代(Y、1994年-2002年) Yと書いて日本ではイプシロンと発音する。ランチアは伝統的にギリシャ文字を多く車名に使ってきたが、これもまた伝統に則ったものと言える。 アウトビアンキ/ランチア・Y10に代わるスモールモデルとして1994年にデビューした。途中バンパーやサイドモールの形状が変わるなど大幅な変更を経て2002年に2代目が出るまで製造された。 ボディデザインを担当したのはピニンファリーナ出身でこの時期ランチアのチェントロスティーレ(デザインセンター)を率いていたエンリコ・フミアである。フィアット・プントのプラットフォームを短縮して使用したボディは、アプリリアなど伝統的ランチアのエッセンスを巧みに生かしつつ極めて現代的で冒険的なスタイリングであった。

ランチャ・イプシロン

『ランチア・イプシロン』より : イプシロン(Ypsilon 、以前はY )は、イタリアの自動車製造会社ランチアが製造した乗用車である。ランチアはフィアットグループの高級車部門を担っており、そのプレミアム・コンパクトカーと位置づけられるのがイプシロンである。 初代(Y、1994年-2002年) Yと書いて日本ではイプシロンと発音する。ランチアは伝統的にギリシャ文字を多く車名に使ってきたが、これもまた伝統に則ったものと言える。 アウトビアンキ/ランチア・Y10に代わるスモールモデルとして1994年にデビューした。途中バンパーやサイドモールの形状が変わるなど大幅な変更を経て2002年に2代目が出るまで製造された。 ボディデザインを担当したのはピニンファリーナ出身でこの時期ランチアのチェントロスティーレ(デザインセンター)を率いていたエンリコ・フミアである。フィアット・プントのプラットフォームを短縮して使用したボディは、アプリリアなど伝統的ランチアのエッセンスを巧みに生かしつつ極めて現代的で冒険的なスタイリングであった。

ランチア・ストラトス

ストラトス(STRATO'S )は、ランチアが製造したスポーツカー。世界ラリー選手権(WRC)で勝利することを目的に開発されたホモロゲーションマシンである。その異色性と希少性より、第一級のコレクターズアイテムに挙げられている。 解説 車名のストラトスは、「成層圏」という意味の英語の“stratosphere”あるいはイタリア語の“stratosfera”からの造語であるとされ、“STRATOS”と表記される場合が多いが、実車のロゴをよく見ると“STRATO'S”となっている。 開発の経緯 「ゼロ」、「プロトティーポ」と呼ばれる試作段階のプロトタイプ期までと量産型の「ストラダーレ」量産期に分けて説明する。 = ゼロ (1970年) = 「ストラトス」の名称を冠した車としては1970年のトリノ・ショーでデビューしたベルトーネ作であるショー・カーの「ストラトス・ゼロ」があった。

ランチャ・ストラトス

『ランチア・ストラトス』より : ストラトス(STRATO'S )は、ランチアが製造したスポーツカー。世界ラリー選手権(WRC)で勝利することを目的に開発されたホモロゲーションマシンである。その異色性と希少性より、第一級のコレクターズアイテムに挙げられている。 解説 車名のストラトスは、「成層圏」という意味の英語の“stratosphere”あるいはイタリア語の“stratosfera”からの造語であるとされ、“STRATOS”と表記される場合が多いが、実車のロゴをよく見ると“STRATO'S”となっている。 開発の経緯 「ゼロ」、「プロトティーポ」と呼ばれる試作段階のプロトタイプ期までと量産型の「ストラダーレ」量産期に分けて説明する。 = ゼロ (1970年) = 「ストラトス」の名称を冠した車としては1970年のトリノ・ショーでデビューしたベルトーネ作であるショー・カーの「ストラトス・ゼロ」があった。

ランチメイト症候群

ランチメイト症候群(ランチメイトしょうこうぐん、ランチメート症候群とも)とは、精神科医の町沢静夫によって名付けられたコミュニケーションの葛藤で、学校や職場で一緒に食事をする相手(ランチメイト)がいないことに一種の恐怖を覚えるというもの。本項目では類似の概念であるひとりじゃいられない症候群や、関連するインターネットスラングである便所飯(べんじょめし)なども含めて解説する。 ランチメイト症候群という名称は、町沢静夫に相談を訴えた者が、食事をする相手のことをランチメイトと表現したことから着想を得た呼び名であるという。学会に認められた症状名や病名ではないが、2001年の4月頃から報道で取り上げられたことでこの呼び名が広まった。 相談の内容は主として、一人で食事することへの恐れと、食事を一人でするような自分は人間として価値がないのではないかという不安である。当事者は次のように考えがちである。「学校や職場で一人で食事をすることはその人には友人がいないということだ。友人がいないのは魅力がないからだ。だから、一人で食事すれば、周囲は自分を魅力のない、価値のない人間と思うだろう」。

ランチア・テーマ

テーマ(Thema )は、イタリアの自動車会社ランチアが1984年から1994年にかけて製造していたFF方式の乗用車。日本ではガレーヂ伊太利屋とマツダ系列のオートザムで販売された。 2011年から2代目クライスラー・300をベースとしたFR方式の乗用車をヨーロッパ市場(イギリスとアイルランド除く)でランチア・テーマとして販売する。 初代 (1984年-1994年) テーマはベータ(β)とガンマ(γ)の後継車種として1978年に「Y9プロジェクト」として開発が始められ、基本的デザイン・コンセプトはイタルデザイン・ジウジアーロに発注された。基本開発は当時提携関係にあったサーブと共同で行われ、後述する「ティーポ4プロジェクト」として開発が進められた。1984年10月に4ドアセダン型から発売、1986年にはステーションワゴンを追加しピニンファリーナによって量産された。 「ティーポ4(クアトロ)プロジェクト」は当時需要が高まってきたアッパークラスを担うセダンの開発コストの圧縮目的で共通プラットフォームを共同開発したプロジェクトである。

「ランチ」の動画


Warning: simplexml_load_file(http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/?vq=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81+%E5%BA%83%E5%B3%B6&lr=ja&orderby=published) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 410 Gone in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 125

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/?vq=%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%81+%E5%BA%83%E5%B3%B6&lr=ja&orderby=published" in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 125

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 127
現在「ランチ」の動画はありません。