「カフェ」のNEWS

「カフェ」(Wikipediaより)

カフェ

カフェ(仏: café、伊: caffè)は、本来コーヒーの意味。転じて、コーヒーなどを飲ませる飲食店を意味する。ヨーロッパの都市に見られるある種の飲食店を意味し、特にパリやウィーンのものが知られる。新聞や雑誌がそこで読め、時の話題について談笑し、情報交換のできる場所として親しまれている。 各国語の表記・発音は以下の通り。 フランス語: café(フランス語発音: [kafe] カフェ、パリ周辺ではキャフェ) イタリア語: caffè(イタリア語発音: [kafˈfɛ] カッフェー) 英語: café(イギリス英語発音:[ˈkæfeɪ] キャフェイ、アメリカ英語発音:[ˌkæˈfeɪ] キャフェイ) ドイツ語: Café(フランス語からの外来語、発音はフランス語に準ずる) パリの典型的なカフェ 街路に面し、歩道にせり出してテーブルや椅子が置かれている。

カフェインレス・コーヒー

『デカフェ』より : デカフェ(英語:Decaf、decaffeinatedの略)とは、本来カフェインを含んでいる飲食物からカフェインを取り除いたり、通常はカフェインを添加する飲食物にカフェインの添加を行わないことで、カフェインを含まなくなったもののことを指す。ディカフェ、カフェインレス、カフェインフリーとも呼ぶ。 単に「デカフェ」と呼ぶときには特にカフェインレス・コーヒー(後述)を指すことが多い。しかし、それ以外のカフェインを含む飲み物(茶やコーラなど)にもデカフェのものが製造されている。 カフェインレス・コーヒー カフェインレス・コーヒーは、脱カフェイン処理したコーヒー(豆、抽出液、インスタントコーヒー)である。単に「デカフェ」と呼ばれることも多い。 欧米では健康上の理由などからカフェインを敬遠したい人々にカフェインレス・コーヒーが広く受け入れられており、カフェインレス・コーヒーは世界のコーヒー市場の約10%を占めている。

カフェイン

カフェイン(英: caffeine, 独: Coffein)は、アルカロイドの1種であり、プリン環を持ったキサンチンの誘導体として知られている。興奮作用を持ち精神刺激薬のひとつである。カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。 コーヒーから分離されカフェインと命名された。飲食品では主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。一方で、妊娠期や過敏体質によりノンカフェインコーヒー、麦茶などカフェインを含有しない飲料の需要もある。医薬品では総合感冒薬や鎮痛薬に用いられる。 副作用として不眠、めまいなどが含まれる。減量あるいは中止による離脱症状として、頭痛、集中欠如、疲労感、気分の落ち込みなど吐き気や筋肉痛が、ピークがおよそ2日後として生じることがある。頭痛は1日平均235mgの摂取で、2日目には52%が経験する。 カフェインは肝臓の代謝酵素CYP1A2で代謝されるため、この阻害作用のある薬と併用すると、血中濃度が高まり作用が強く出る薬物相互作用を示すことがある。

カフェイン11

番組名=カフェイン11(Cafe in 11)
ジャンル=トーク・音楽
放送=録音(稀に生放送)
放送時間=毎週月曜 23:00 - 23:52(52分)
企画=メール・ハガキの紹介 他
プロデューサー=
ディレクター=谷脇
パーソナリティ=新藤晴一(ポルノグラフィティ)
出演=
テーマ曲=
放送局=ベイエフエム bayfm
ネットワーク=
制作=
放送期間=2003年4月7日 - (放送中)
放送回数=
スポンサー=
公式サイト=http://mo-on.com/bayfm3/index.cgi?PackID=1743553
特記事項=

カフェー

カフェーは、日本で20世紀前半に流行した風俗営業の一業態。古くは特殊喫茶、社交喫茶という言い方もあった。 カフェーの始まり 日本におけるカフェーの始まりは、1911年(明治44年)3月、銀座日吉町に開業したカフェー・プランタンと言われる。経営者は洋画家平岡権八郎と松山省三で、命名は小山内薫による。これはパリのCafeをモデルに美術家や文学者の交際の場とすべく始まったものであるが、本場のCafeとは異なり女給を置いていた(パリのカフェの店員は男性である)。プランタンなどはインテリ向けの店で一般大衆は入りにくかったと言われる。プランタンに続き、美人女給を揃えたカフェー・ライオンなどカフェーを冠する店が増えるが、この頃のカフェーはまだ料理(洋食)、コーヒー、酒が主であり、後年のような風俗営業とは同列にできない。 風俗営業としてのカフェー カフェーがもっぱら女給のサービスを売り物にするようになったのは関東大震災後と見られる。

カフェテリア

カフェテリア (スペイン語: cafetería) は、セルフサービスの食堂。 あらかじめ並べられている料理を利用者が選んだり、カウンター越しに料理をよそってもらい、最後にレジで精算する。給仕する人件費がいらないため、そのぶん安価に食事を提供できる。公共施設等や、大学の学生食堂や社員食堂等でもこの型式を採るものもある。その他カーフェリーのレストランは、この方式が多い。セルフサービスの讃岐うどん店でも、カフェテリア方式を採用している。 また、企業の福利厚生の提供方式として、「カフェテリアプラン」というものがある。詳細は人事#カフェテリアプランを参照。 新幹線のカフェテリア 東海旅客鉄道と西日本旅客鉄道が保有した新幹線100系において、食堂車を連結しない編成で給食設備及び車内販売の基地として位置づけられた車内売店。東海道新幹線において同車両が運用を終了するまで連結されていたが、同車が引退する直前まで販売営業をおこなっていた。小規模な飲食スペースも備えた同様の設備を東日本旅客鉄道の保有する新幹線200系に持った編成があったが、同様に販売営業を中止している。

カフェイン中毒

カフェイン中毒(カフェインちゅうどく、英語: caffeine Poisoning)は、カフェインによって引き起こされる中毒である。カフェインの引き起こす症状は、カフェイン自体が持つ神経毒性によって引き起こされる。精神性の症状は『精神障害の診断と統計マニュアル』(DSM-IV-TR)では、同じくカフェイン中毒(caffeine intoxication)として診断コード305.90に分類される。死亡例は少ないが希に報道される。 カフェイン依存(caffeine addiction) は、カフェインの使用がやめられない状態である。DSM-IV-TRまでは実際に乱用や依存症を満たすほど深刻となるというデータが不足するため、診断名は用意されていない。 コーヒー、コーラ、栄養ドリンク、緑茶、紅茶、ココアなどカフェインを含む食品の常用によることが多い。高濃度カフェイン飲料やカフェイン錠剤などの過剰摂取によって深刻な急性中毒が生じることがある。 軽微な中毒 精神障害に分類されるカフェイン中毒 (intoxication) について記す。

カフェ・コン・レイテ

カフェ・コン・レイテ(Café com leite)とは、1894年のプルデンテ・デ・モライス大統領就任以後1930年のジェトゥリオ・ドルネレス・ヴァルガスによるクーデターまでの間、ブラジルを支配した寡頭支配体制を指す。
ブラジル帝国崩壊後、ブラジルの政治の実権を握ったのは大農園主グループだった。その中でも特に有力なコーヒー生産州サンパウロ州の農園主たちと、次に有力な畜産・酪農州ミナスジェライス州の農園主たちが連合を組み、交互に連邦の大統領を出した。そのため、両州の特産物にちなみ、「カフェ・コン・レイテ」(ポルトガル語でカフェオレの意)と呼ばれる。
大農園主たちは地方分権的な体制を望んだため、この時期連邦政府は州の内政に介入せず、そのかわり全国的な案件に対しては各州の協力が得られる体制が整えられた。

カフェレーサー

カフェレーサー(Cafe Racer)とはオートバイの改造思想、手法の一つである。イギリスのロッカーズ達が行きつけのカフェで、自分のオートバイを自慢し、公道でレースをするために「速く、カッコ良く」との趣旨で改造したことに端を発するとされる。 由来 1960年代、イギリスで唯一の24時間営業だったロンドンのカフェ、“エースカフェ”にロッカーズとよばれる若者達が毎夜のように集まった。彼らは改造したオートバイに乗り、店のジュークボックスにコインを入れて曲が始まると同時にスタートし、曲が終わるまでにカフェに戻ってくるという公道レースを行っていた。改造されるベース車両はノートンやトライアンフ、BSAなどのオートバイであった。当時は彼らロッカーズをカフェレーサーと呼んでいたが、その文化が世界中に広まり、現在の日本でもオートバイの改造スタイルの一つとして認知されている。 改造スタイルとしてのカフェレーサーの特徴は、快適性や利便性を切り捨てて速度や旋回性能を追求した、当時のグランプリロードレース車両を模倣したものである。

カフェバー

カフェバー(Cafe and Bar)は、日本の喫茶店・飲食店の営業形態の一つ。内装、メニュー、接客スタイルがカフェとバーの融合した形の店舗で、日本では主に1980年代に流行した。 概要・歴史 前史 1980年代初頭、東京都港区西麻布(霞町)に「レッドシューズ」という飲食店がオープンした。深夜営業を行っており、六本木で遊び疲れた若者が始発電車を待つのに便利であった。 ビルの地下にある小さな店で、内装は松井雅美が担当。アールデコ調に和風(風神・雷神の壁画が描いてあった)を加えたデザインがおしゃれであった。レッドシューズの扉には「cafe & bar」と書かれており、カフェバーブームの走りとなった。このレッドシューズをプロデュースしたことで、松井は「空間プロデューサー」としてその名を知られるようになる。 喫茶店とバーの境界線を越えて 同時期に渋谷では「ソーホーズ」(Soho-'s)がオープンし、ニューヨークにあるロフトをカフェに仕立てたイメージ空間が評判となり、バーでありながら、「ビールもウイスキーも、ケーキも味わえる店」として、連日のように人が押し寄せる繁盛ぶりを見せていた。

カフェ・タクーバ

カフェ・タクーバ (”Café Tacvba”)はメキシコのロック (音楽) ロック・バンド。
1989年にメキシコで結成。パンク・ロック パンクにサンバ (ブラジル) サンバ、ボサノバ、マリアッチなどのラテン音楽が絶妙に絡み合い生み出されるパーティー要素の高いミクスチャー・ロックを奏でる。ラテン・アメリカ音楽界のトップ・バンドであり、ラテン・グラミー賞を何度も受賞するなど評価面でも高い実績を持つ。
ちなみに”Café Tacuba”とも表記されるが同じバンドである。
2000年 ラテン・グラミー賞、Best Rock Album 部門受賞。
2004年 グラミー賞、Best Latin Rock/Alternative Album 部門受賞。
2004年 ラテン・グラミー賞、Best Alternative Music Album 部門受賞。
2006年 ラテン・グラミー賞、Best Long Form Music Video 部門受賞。

カフェ・ラッテ

カフェ・ラッテ(Caffè Latte)は、エスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物である。 カフェ・ラッテ(Caffè Latte)という語は、元来は「コーヒー・牛乳」という意味のイタリア語である。より発音に忠実に転写すれば「カッフェ・ラッテ」となる。イタリア語では、カッフェッラッテ(Caffellatte)と続けたり、カッフェ・エ・ラッテ(Caffè e Latte:「コーヒーと牛乳」)とも言う。 イタリア・ヴェネツィアにある喫茶店カッフェ・フローリアンが発祥の地。 カフェ・オ・レとの違い イタリアではコーヒーと牛乳を混ぜていればカフェ・ラッテであるが、イタリアのコーヒーは一般的にエスプレッソ形式で供されるため、カフェ・ラッテもエスプレッソ+スチームミルクの組合せとなる。 ちなみに、フォームミルクを加えた(エスプレッソ:スチームミルク:フォームミルク=1:1:1)ものがカプチーノである。 カフェ・オ・レは、エスプレッソではなくドリップコーヒーを用いる。 各国の呼称 イタリア イタリアでは観光客の多いカフェ以外ではカフェラテのメニューは一般的ではなく、イタリアで「ラテ」と注文するとそのまま牛乳がでてくる。

カフェ・ラテ

『カフェ・ラッテ』より : カフェ・ラッテ(Caffè Latte)は、エスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物である。 カフェ・ラッテ(Caffè Latte)という語は、元来は「コーヒー・牛乳」という意味のイタリア語である。より発音に忠実に転写すれば「カッフェ・ラッテ」となる。イタリア語では、カッフェッラッテ(Caffellatte)と続けたり、カッフェ・エ・ラッテ(Caffè e Latte:「コーヒーと牛乳」)とも言う。 イタリア・ヴェネツィアにある喫茶店カッフェ・フローリアンが発祥の地。 カフェ・オ・レとの違い イタリアではコーヒーと牛乳を混ぜていればカフェ・ラッテであるが、イタリアのコーヒーは一般的にエスプレッソ形式で供されるため、カフェ・ラッテもエスプレッソ+スチームミルクの組合せとなる。 ちなみに、フォームミルクを加えた(エスプレッソ:スチームミルク:フォームミルク=1:1:1)ものがカプチーノである。 カフェ・オ・レは、エスプレッソではなくドリップコーヒーを用いる。 各国の呼称 イタリア イタリアでは観光客の多いカフェ以外ではカフェラテのメニューは一般的ではなく、イタリアで「ラテ」と注文するとそのまま牛乳がでてくる。

カフェラテ

『カフェ・ラッテ』より : カフェ・ラッテ(Caffè Latte)は、エスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物である。 カフェ・ラッテ(Caffè Latte)という語は、元来は「コーヒー・牛乳」という意味のイタリア語である。より発音に忠実に転写すれば「カッフェ・ラッテ」となる。イタリア語では、カッフェッラッテ(Caffellatte)と続けたり、カッフェ・エ・ラッテ(Caffè e Latte:「コーヒーと牛乳」)とも言う。 イタリア・ヴェネツィアにある喫茶店カッフェ・フローリアンが発祥の地。 カフェ・オ・レとの違い イタリアではコーヒーと牛乳を混ぜていればカフェ・ラッテであるが、イタリアのコーヒーは一般的にエスプレッソ形式で供されるため、カフェ・ラッテもエスプレッソ+スチームミルクの組合せとなる。 ちなみに、フォームミルクを加えた(エスプレッソ:スチームミルク:フォームミルク=1:1:1)ものがカプチーノである。 カフェ・オ・レは、エスプレッソではなくドリップコーヒーを用いる。 各国の呼称 イタリア イタリアでは観光客の多いカフェ以外ではカフェラテのメニューは一般的ではなく、イタリアで「ラテ」と注文するとそのまま牛乳がでてくる。

カフェラッテ

『カフェ・ラッテ』より : カフェ・ラッテ(Caffè Latte)は、エスプレッソと牛乳を混ぜたイタリア発祥の飲み物である。 カフェ・ラッテ(Caffè Latte)という語は、元来は「コーヒー・牛乳」という意味のイタリア語である。より発音に忠実に転写すれば「カッフェ・ラッテ」となる。イタリア語では、カッフェッラッテ(Caffellatte)と続けたり、カッフェ・エ・ラッテ(Caffè e Latte:「コーヒーと牛乳」)とも言う。 イタリア・ヴェネツィアにある喫茶店カッフェ・フローリアンが発祥の地。 カフェ・オ・レとの違い イタリアではコーヒーと牛乳を混ぜていればカフェ・ラッテであるが、イタリアのコーヒーは一般的にエスプレッソ形式で供されるため、カフェ・ラッテもエスプレッソ+スチームミルクの組合せとなる。 ちなみに、フォームミルクを加えた(エスプレッソ:スチームミルク:フォームミルク=1:1:1)ものがカプチーノである。 カフェ・オ・レは、エスプレッソではなくドリップコーヒーを用いる。 各国の呼称 イタリア イタリアでは観光客の多いカフェ以外ではカフェラテのメニューは一般的ではなく、イタリアで「ラテ」と注文するとそのまま牛乳がでてくる。

カフェモカ

ファイル:Mocha.jpg right 200px thumb カフェモカ
カフェモカ (café mocha、caffe mocha) とは、エスプレッソ エスプレッソコーヒー、チョコレートシロップ、スチームミルクを混ぜた飲料。チョコレートとミルクの代わりにココアを使うこともある(原材料としてはほとんど同じである)。ホイップクリームなどをトッピングすることが多い。単にモカともいう。
本来、「モカ」とはモカ#モカ (コーヒー) モカコーヒーのことで、チョコレートは使っていないが、チョコレートの風味があるといわれる。カフェモカは、チョコレートを入れることでその風味に似せたものである。
アメリカ合衆国 アメリカ生まれの飲料であるが、イタリア風を意識しており、コーヒーにはエスプレッソを使うのが本式である。

カフェ・オ・レ

カフェ・オ・レ(フランス語: café au lait)は、フランスで好まれるコーヒーの飲み方。"café カフェ" はコーヒーのことであり、"au オ" は前置詞 "à" +男性型単数形定冠詞 "le" の縮約型であり、"lait レ" は牛乳のことである。 淹れ方には2種類ある。 濃く淹れたコーヒーと熱い牛乳同量を、カップに同時に注いだもの。持ち手のないカップ(café au lait bol)で供されることもある。 エスプレッソを淹れ、同量のやや薄い温めた牛乳と混ぜたもの。日本では1と2を区別するため、1をフランス語に基づくカフェ・オ・レ、2をイタリア語に基づくカフェ・ラッテと表記することがある。 フランスの家庭では朝食時にカフェオレをたっぷりと飲むのを好む人が多い。朝、目を覚ますために濃いコーヒーを飲みたいが、朝っ腹(すきっ腹)に濃いコーヒーは胃に刺激が強い為、牛乳で和らげ飲みやすくしたものである。カップではなくカフェ・オ・レ・ボウル(日本のドンブリのような大きな陶器のうつわ。単に「Bol(仏語Bol)」とも。「Petit dejeuner bol(朝食ボウル)」とも。

カフェオレ

『カフェ・オ・レ』より : カフェ・オ・レ(フランス語: café au lait)は、フランスで好まれるコーヒーの飲み方。"café カフェ" はコーヒーのことであり、"au オ" は前置詞 "à" +男性型単数形定冠詞 "le" の縮約型であり、"lait レ" は牛乳のことである。 淹れ方には2種類ある。 濃く淹れたコーヒーと熱い牛乳同量を、カップに同時に注いだもの。持ち手のないカップ(café au lait bol)で供されることもある。 エスプレッソを淹れ、同量のやや薄い温めた牛乳と混ぜたもの。日本では1と2を区別するため、1をフランス語に基づくカフェ・オ・レ、2をイタリア語に基づくカフェ・ラッテと表記することがある。 フランスの家庭では朝食時にカフェオレをたっぷりと飲むのを好む人が多い。朝、目を覚ますために濃いコーヒーを飲みたいが、朝っ腹(すきっ腹)に濃いコーヒーは胃に刺激が強い為、牛乳で和らげ飲みやすくしたものである。カップではなくカフェ・オ・レ・ボウル(日本のドンブリのような大きな陶器のうつわ。単に「Bol(仏語Bol)」とも。「Petit dejeuner bol(朝食ボウル)」とも。

カフェスタ

Cafesta(カフェスタ)とはカフェスタ株式会社が運営していたアバターを用いたコミュニケーションポータルサイトである。2009年5月31日をもって閉鎖、現在は全てのサービスが終了している。 サイトの主な機能としては個人が管理できる簡易WebページであるMyHP、ウェブブラウザベースのチャット、メンバー同士のサークル、オンライン時のメッセージの拡張であるちょこめ等がある。尚、閉鎖にあたってアカウント、並びに一部データは移行手続きを踏むことで、別サイトへ引き継がれた。 2002年7月24日、東京通信ネットワーク株式会社によるポータルサイトとしてサービス開始。 2004年1月19日、ゲームサービスをβとして提供開始。 2004年6月1日、佐世保小6女児同級生殺害事件発生。実名が上がることは報道ではなかったものの、映像、発言内容から、同サイト内で発生した事が判明している。 2004年6月3日、ゲームサービスの正式リリース。 2004年8月1日付でCafesta事業を会社分割し、韓国のDaum Communications Corp.と株式会社パワードコムが設立した合弁会社「TAON」にCafesta事業を譲渡。

カフェ24

カフェ24(cafe24)は, 韓国に本社を置く電子商取引プラットフォーム企業シンプレックスインターネット(심플렉스인터넷)を代表するブランドである。インターネットを活用したネットショップサービス、ホスティングサービスを行う。 1999年創業以来、電子商取引プラットフォームに集中して取り組んできている。2008年中国とフィリピンをはじめ,アメリカ,日本に2013年まで海外拠点として6支社を設立し、2013~2015年にかけて各国の電子商取引企業と業務提携をしている。 2014年には、Amazon.com、アリババ、2015年には京東商城、楽天市場、が、韓国現地事業者向けセミナーに参加した。2015年1月には、Google,Facebook,百度,Yahoo! JAPANのマーケティング担当役員たちが海外直販に関連するセミナーに参加している。 沿革 1999年 - 韓国本社を設立。 2008年 - 中国(延吉)・フィリピン(マニラ)法人を設立。 2011年 - アメリカ(LA)法人を設立。 2012年 - 日本(東京)法人を設立。

「カフェ」の動画


Warning: simplexml_load_file(http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/?vq=%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7+%E5%BA%83%E5%B3%B6&lr=ja&orderby=published) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 410 Gone in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 125

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/?vq=%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7+%E5%BA%83%E5%B3%B6&lr=ja&orderby=published" in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 125

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 127
現在「カフェ」の動画はありません。