「ラーメン」のNEWS

「ラーメン」(Wikipediaより)

ラーメン

ラーメンとは、中華麺とスープ、様々な具(チャーシュー・メンマ・味付け玉子・刻み葱など)を組み合わせた麺料理(ただし具を入れない場合もある。)出汁、タレ、香味油の3要素から成るスープ料理としての側面も大きい。漢字表記は拉麺、老麺または柳麺。別名は中華そばおよび支那そば・南京そばなどである。 日本では、明治時代に開国された港に出現した中国人街(南京街)に中華料理店が開店し、大正時代頃から各地に広まっていった。日本風に仕立てられ独自の発達をし、現在ではカレーライスと並んで「日本人の国民食」と呼ばれるほど人気の食べ物となり、中華人民共和国や中華民国では日式拉麺(日式拉麵/日式拉面)または日本拉麺(日本拉麵/日本拉面)と呼ばれている。英語表記は、オックスフォード英語辞典によるとRamen、Chinese noodles。 ラーメンは江戸時代末に開港した横浜・神戸・長崎・函館などに明治時代になると誕生した中華街(当時は南京町と呼ばれた)で食べられていた中国の麺料理をルーツとするものである。

ラーメンマン

『闘将!!拉麺男』より : ラーメンマンは、ゆでたまごの漫画『キン肉マン』およびその続編『キン肉マンII世』に登場する架空の人物。 同作に多数登場する、人間をはるかに超える戦闘能力を持つ「超人」のひとりである。 スピンオフ作品である『闘将!!拉麵男』の主人公については当該項目を参照。 主な特徴 中国を代表する超人で、多彩な中国拳法を駆使して闘う。面長な顔に、頭頂で結った辮髪と細長いどじょう髭、額の「中」マークが外見上の特徴。他の超人と比較して余分な筋肉の付いていないスリムな肉体をしており、特に作品初期〜中期は骨張った痩せ形の体型で頬骨の張った顔をしていた。後期にはキン肉マンと比べてかなりの長身として描かれている。 初登場は第20回超人オリンピック編「最後の8人めの巻」。対戦相手を惨殺するなど残虐超人の筆頭に数えられていたが、主人公のキン肉マンをはじめ数々の戦いを経るうち正義超人として活躍するようになる。残虐超人時代もリングを降りれば紳士で、また自らの肉体を駆使した残虐ファイトを身上とし凶器攻撃は好まない。

ラーメン屋

『ラーメン』より : ラーメンとは、中華麺とスープ、様々な具(チャーシュー・メンマ・味付け玉子・刻み葱など)を組み合わせた麺料理(ただし具を入れない場合もある。)出汁、タレ、香味油の3要素から成るスープ料理としての側面も大きい。漢字表記は拉麺、老麺または柳麺。別名は中華そばおよび支那そば・南京そばなどである。 日本では、明治時代に開国された港に出現した中国人街(南京街)に中華料理店が開店し、大正時代頃から各地に広まっていった。日本風に仕立てられ独自の発達をし、現在ではカレーライスと並んで「日本人の国民食」と呼ばれるほど人気の食べ物となり、中華人民共和国や中華民国では日式拉麺(日式拉麵/日式拉面)または日本拉麺(日本拉麵/日本拉面)と呼ばれている。英語表記は、オックスフォード英語辞典によるとRamen、Chinese noodles。 ラーメンは江戸時代末に開港した横浜・神戸・長崎・函館などに明治時代になると誕生した中華街(当時は南京町と呼ばれた)で食べられていた中国の麺料理をルーツとするものである。

ラーメン巌流島

『ラーメン巌流島』(ラーメンがんりゅうじま)は、毎週木曜日21:00〜21:54に1997年4月17日から2006年9月17日まで放送していた『どっちの料理ショー 新どっちの料理ショー』(讀賣テレビ放送 よみうりテレビ制作・日本テレビ放送網 日本テレビ系列)にて、行われた超有名店ラーメン対決。また、姉妹編として「スイーツ巌流島」も行われた。
ラーメン業界に君臨する2件の超有名店が、試行錯誤の末に完成させた新メニューを「新どっちの料理ショー」のスタジオで披露し、パネラー多数決で決着。
勝てば、放送翌日から20食限定で、新たに「店の新メニュー」として加えられる。
負ければ、「レシピ封印」。日の目を見ることは許されない。
この企画により「負けシェフの晩餐(ばんさん)」も復活。

ラーメン二郎

ラーメン二郎(ラーメンじろう)とは、東京都港区三田に本店を構えるラーメン店、およびその本店の店主であり創業者である山田拓美の登録商標。1968年(昭和43年)に創業し、二度の移転を経て現在は三田で「ラーメン二郎 三田本店」という看板を掲げて営業をしている。 創業は1968年(昭和43年)で、東京都目黒区の東京都立大学近くで開店した。当時の店名は「ラーメン次郎」。これは開店前年の1967年1月にエースコックから発売されて人気となっていたインスタントラーメン、「ラーメン太郎」にちなんでいる。 店主の山田は和食料理人で、ラーメンについては全く知識がなかった。最初は「ラーメンぐらい何とかなるか」とたかをくくってラーメン店を出店したが、開店当初から半年間は1日あたりの売上が昼前から深夜まで営業しても20杯以下と低迷していた。様子を見かねた近所の中華料理店店主が自分の中華料理店で修業するようにすすめ、山田はその勧めに応じて3か月間の修行をした。また、近隣にあった雪印乳業の社員子弟学生寮に住んでいた北海道出身の客から受けた助言を参考にし、独自の味を作り出した。

ラーメンズ

ラーメンズ(Rahmens)は、日本のお笑いコンビ。1996年結成。田辺エージェンシー → トゥインクル・コーポレーション所属。 メンバー 小林賢太郎(1973年4月17日 - ) 片桐仁(1973年11月27日 - ) 二人は多摩美術大学版画科の同級生。二人とも同大学の絵画科を志していたが落ちてしまい、版画科へと進学した。在学中、以前存在していた落語研究部を復活させるかたちで「オチケン」を設立。学業そっちのけでお笑いに打ち込んだ。 その後、卒業間近になったとき小林賢太郎から片桐仁に対して、「絵を売りたいのならば名前を売ってからでも遅くない」と口説かれラーメンズを結成した。 1999年、NHK爆笑オンエアバトルに第一回から参加、一気に知名度を上げる。同番組のチャンピオン大会などで優勝することはなかったが、審査員の立川談志の定義する芸術というものに最も近いという理由で、審査員特別賞を受賞している。この時は201KBだった。 小林賢太郎は脚本・演出を担当、声帯模写・形態模写(パントマイムも含む)・手品を得意とする。

ラーメン橋 (橋梁形式)

ラーメン橋(ラーメンきょう)は、橋梁形式の一つであり、主桁と橋脚・橋台を剛結構造としたものである。ラーメンは『骨組み』を意味するドイツ語のRahmenに由来するもので、英語ではRigid frame bridgeと称する。 橋梁の主桁は、荷重の作用や温度変化の影響により、伸縮や回転などの変形を起こす。そこで、主桁と橋台・橋脚の間には支承と呼ばれる伸縮や回転を吸収する部位を設けるのが一般的である。これに対しラーメン橋は、この支承を設けず、主桁と橋脚や橋台を剛結する橋梁である。 耐震性に優れる 主桁と橋脚が剛結されているため、地震時の橋脚の変形を主桁が拘束し、橋脚の地震による変形・断面力を小さく抑えることができる。また、支承を用いないため、過大な変形により支承から主桁が落橋することも抑えることができ、耐震性に優れた構造と言える。 ただし、地震の影響が橋脚から主桁にも伝達されるため、主桁に対しても耐震設計が必要である。ラーメン橋は高次の不静定構造物であり、地震時の力の流れが複雑であることから、過去に日本を含む世界中で発生した実際の地震波、或は人工地震波の時刻歴加速度などを解析モデルに与えてシミュレーションを行う「時刻歴応答解析」により検証することが定められている。

ラーメンばあ

ラーメンばあは、クラシエフーズ カネボウフーズが販売していたスナック菓子。
ベビースターラーメンに似た味付けをされた麺を棒状(バー=商品名の『ばあ』はこれに由来する)にしたような形状で、おまけとしてシールが同梱されていた。菓子はそのまま齧る他、お湯をかければインスタントラーメンとしても食べられると包装上で説明されていた。味についてはしょうゆ味、チリ味、えび味といったもののほか、チョコチップ入り、レモンミルク味が発売されていた後期に発売されたチョコチップ入りのものにも説明書きがあったが、当然ながらラーメンとしての賞味には適していない。。実際普通のスナック菓子に比べて塩味と脂が濃かった後にこの菓子の名前に影響を受けた「らーめんババア」(よっちゃん食品工業)が駄菓子として発売された。因みにこちらは棒状ではない。。

ラーメン発見伝

『ラーメン発見伝』(ラーメンはっけんでん)は、原作:久部緑郎、作画:河合単による日本の漫画作品。『ビッグコミックスペリオール』(小学館)にて連載された。ラーメンを題材としたグルメ漫画である。全26巻。 完結後、久部・河合コンビによるスピンオフ作品『らーめん才遊記』が『ビッグコミックスペリオール』にて連載された。 ラーメン王でフードライターの石神秀幸が原作協力している。基本的に単発ストーリーで、ラーメンレシピの改良、ラーメン店経営の問題点とその解決、創作ラーメンの開発や対決などがテーマとなっている。また、テレビドラマ化もされた。 単なる“おいしいラーメン”を製作する事を目的とする趣旨ではなく、「コスト」「立地条件」「サービス」等“騙し無しでビジネス的に成功するラーメン店”を目指す事に物語の重点を置くあたりが、他のグルメ漫画と一線を画している。「Wテイスト」、「創作系」、「スープOFF」などをトレンドとして捕らえ、単なるボリューム系や老舗系ラーメンを一段低く見る描写が見られていた。

ラーメンの鬼

『佐野実』より : 佐野 実(さの みのる、1951年4月4日 - 2014年4月11日)は、日本の実業家で、ラーメン店「支那そばや」創業者。神奈川県横浜市戸塚区出身。血液型A型。メディアに多数出演し、「ラーメンの鬼」の異名で知られた。 経歴・人物 神奈川県横浜市戸塚区に4人兄妹の次男として生まれた。家が貧しくつねに空腹だったため、幼いころから「将来の夢はラーメン屋か寿司屋になること」と言っていたらしい(本人は記憶していない)。父親は酒乱気味で、少年時代の佐野に度々暴力を振るっており、時には庭の樹木に縛り付けた事もあったと言う。その影響からか、本人も短気ですぐ「キレる」性格故、同級生への暴力行為を理由に幼稚園を退園処分になった事もあった。横浜市立戸塚小学校、横浜市立戸塚中学校時代は新聞配達や牛乳配達のアルバイトをして小遣いを稼ぎ、その金でラーメン屋に通った。中学生のとき初めてラーメンを作って家族にふるまい、旨いと褒められた。また、母親は本人を身籠っていた時からラーメンを食べ続けており、本人曰く「ラーメンが胎教代わりだった」との事。

ラーメン博物館

『新横浜ラーメン博物館』より : 新横浜ラーメン博物館(しんよこはまラーメンはくぶつかん、英: Shin-Yokohama Raumen Museum)は、神奈川県横浜市港北区新横浜にあるラーメンに関するフードテーマパークである。通称「ラー博」(ラーはく)。全国各地の有名ラーメン店舗を中心に、ミュージアムショップや駄菓子屋、喫茶店・スナックなどを併設。 また、同館を運営・管理する日本の会社である。商号は「株式会社新横浜ラーメン博物館」。1993年8月1日設立。 施設概要 新横浜駅北口から徒歩数分の距離に位置し、1994年3月6日にグランドオープンした。館長は岩岡洋志。日清チキンラーメンが発売開始された昭和33年(1958年)当時の街並みを再現したフードテーマパークの開業は、昭和初期の浪速の街並みを再現した梅田スカイビル内(大阪)の「滝見小路」(1993年オープン)と同じく、全国各地のフードテーマパークや、ショッピングモール等に店を厳選してのミニフードテーマパークなどが誕生するきっかけの一つとなった。

ラーメンスクエア

『アレアレア』より : アレアレア(AREAREA)は、東京都立川市のJR立川駅南口にある複合商業施設。 かつて、アレアレアビルのあった場所で営業をしていた地元商店(地権者)が「立川みなみルネッサンス21」という再開発事業検討会(立川駅南口11・12街区共同事業)を発足。後に地権者組合を経て、受託会社である「有限会社立川みなみルネッサンス」を設立した。 東急ストアなどが出店することになり、2005年(平成17年)4月8日に開業した。 JR立川駅南口と多摩都市モノレール立川南駅の間に位置し、JRの駅より(北側)の「アレアレア1」とモノレール駅隣接(南側)の「アレアレア2」の2棟の建物からなる。両駅とはペデストリアンデッキ(歩行者専用橋)により連結されている。2棟の建物の間には、別の建物があるため、2棟自体はつながってはいない。 名称の由来 フランスの画家ポール・ゴーギャンの作品名から。 ポリネシア語で「たのしい」 沿革 2000年(平成12年) - 事業化検討協議会「立川みなみルネッサンス21」発足 2001年(平成13年) - 準備組合発足 2002年(平成14年) - 準備組合が地権者組合に移行。

ラーメン (骨組)

ラーメン (独: Rahmen) とは構造形式のひとつで、長方形に組まれた骨組み(部材)の各接合箇所を剛接合したものをいう。ドイツ語で『額縁』の意。建築・土木構造の分野では柱が梁と剛接合している構造をラーメン構造という。 ラーメンは長方形の角部が剛接合されていて、外力により部材に発生した曲げモーメントは接合部材に伝達しながら全体の部材で強度を構成する。部材に平行な荷重(建物では地震や風などによる横からの力)がかかった場合でも、接合部で抗力を発生して筋交い構造を不要とする一方、接合部に高い強度が要求される。不静定構造であることから、一部が破壊しても応力の再分配が行われて崩壊することはなく、多くの箇所に破壊が生じたときに崩壊に至る。この性質を最大限に発揮するには、柱より梁が先に破壊するようにすること、破壊モードは曲げ破壊のみとし、せん断破壊を許さないことなどが重要である。 比較される構造概念として、各部材の接合部がピン接合されたトラスや、部材を線ではなく面ととらえる壁式構造、曲げモーメントを圧縮力に変換するアーチ構造などが挙げられる。

ラーメン構造

『ラーメン (骨組)』より : ラーメン (独: Rahmen) とは構造形式のひとつで、長方形に組まれた骨組み(部材)の各接合箇所を剛接合したものをいう。ドイツ語で『額縁』の意。建築・土木構造の分野では柱が梁と剛接合している構造をラーメン構造という。 ラーメンは長方形の角部が剛接合されていて、外力により部材に発生した曲げモーメントは接合部材に伝達しながら全体の部材で強度を構成する。部材に平行な荷重(建物では地震や風などによる横からの力)がかかった場合でも、接合部で抗力を発生して筋交い構造を不要とする一方、接合部に高い強度が要求される。不静定構造であることから、一部が破壊しても応力の再分配が行われて崩壊することはなく、多くの箇所に破壊が生じたときに崩壊に至る。この性質を最大限に発揮するには、柱より梁が先に破壊するようにすること、破壊モードは曲げ破壊のみとし、せん断破壊を許さないことなどが重要である。 比較される構造概念として、各部材の接合部がピン接合されたトラスや、部材を線ではなく面ととらえる壁式構造、曲げモーメントを圧縮力に変換するアーチ構造などが挙げられる。

ラーメン橋 (橋梁形式)

ラーメン橋(ラーメンきょう)は、橋梁形式の一つであり、主桁と橋脚・橋台を剛結構造としたものである。ラーメンは『骨組み』を意味するドイツ語のRahmenに由来するもので、英語ではRigid frame bridgeと称する。 橋梁の主桁は、荷重の作用や温度変化の影響により、伸縮や回転などの変形を起こす。そこで、主桁と橋台・橋脚の間には支承と呼ばれる伸縮や回転を吸収する部位を設けるのが一般的である。これに対しラーメン橋は、この支承を設けず、主桁と橋脚や橋台を剛結する橋梁である。 耐震性に優れる 主桁と橋脚が剛結されているため、地震時の橋脚の変形を主桁が拘束し、橋脚の地震による変形・断面力を小さく抑えることができる。また、支承を用いないため、過大な変形により支承から主桁が落橋することも抑えることができ、耐震性に優れた構造と言える。 ただし、地震の影響が橋脚から主桁にも伝達されるため、主桁に対しても耐震設計が必要である。ラーメン橋は高次の不静定構造物であり、地震時の力の流れが複雑であることから、過去に日本を含む世界中で発生した実際の地震波、或は人工地震波の時刻歴加速度などを解析モデルに与えてシミュレーションを行う「時刻歴応答解析」により検証することが定められている。

ラーメンガール

『ラーメンガール』(英: The Ramen Girl)は、2008年のアメリカ映画。中国発祥ながら今や日本人のソウルフードの一つであるラーメンを通じ人間的に成長していくアメリカ人女性を描いた作品。 製作 ほぼ全編日本ロケで制作されている。ハリウッド映画では、純粋な日本人という設定の登場人物を,韓国系や中国系の俳優が演じる事が多い(逆もまたある)が、本作は作中の日本人キャストは全て日本人俳優、しかも一流どころの俳優陣で固められている。さらに在日朝鮮人の設定のキャストであるトシを、実際に在日朝鮮人のパクが演じるなど、そのキャスティングは徹底している。 頑固親父役を西田敏行が演じることは当初からアッカーマン監督に決定されており、過去にテレビドラマ『西遊記シリーズ』を通じて西田と交流のあった奈良橋陽子が西田を海外進出させたいという願いから実現した。また、スタッフの98%が日本人で監督以外はほぼ日本人でハリウッド映画の現場とは到底思えない状態だったという。 伊丹十三監督によるラーメン映画の『タンポポ』をオマージュして終盤登場する「ラーメンの達人」はタンポポで主役を演じた山崎努がキャストされている。

ラーメンスタジアム2

ラーメンスタジアム2(ラースタ)は2001年12月に福岡県福岡市博多区のキャナルシティ博多5階に当初ラーメンスタジアムとしてオープンしたフードテーマパークである。新横浜ラーメン博物館のコンセプトを踏襲し、日本各地のご当地ラーメン店舗を揃えている。 オープン当初は1店舗の出店期間6ヶ月または6年の契約で店舗の入替を行っていたが、2005年にラーメンスタジアム2となり、ラーメン愛好家参加型のテーマパークへ移行。ラーメンスタジアム2となってからは、人気店は残り不人気店は入替されるシステムが導入された。年に数回2 - 3店舗が入れ替わる文字通りのラーメンスタジアムとして営業している。 所在地が博多であるがためか、人気は九州の店・豚骨の店に集中し、九州外のラーメン店が生き残るのはかなり難しい様子である。博多や九州他地域の豚骨店が入れ替わらないのに対し、非九州地域からの店舗はころころと入れ替わっており、全国的に有名なラーメン店であっても早々に撤退してしまうこともある。

ラーメンスタジアム

『ラーメンスタジアム2』より : ラーメンスタジアム ラーメンスタジアム (テレビ番組)はかつてテレビ埼玉で放送されたテレビ番組。 福岡県にあるフードテーマパーク。ラーメンスタジアム2を参照のこと。

ラーメン店

ラーメンとは、中華麺とスープ、様々な具(チャーシュー・メンマ・味付け玉子・刻み葱など)を組み合わせた麺料理(ただし具を入れない場合もある。)出汁、タレ、香味油の3要素から成るスープ料理としての側面も大きい。漢字表記は拉麺、老麺または柳麺。別名は中華そばおよび支那そば・南京そばなどである。 日本では、明治時代に開国された港に出現した中国人街(南京街)に中華料理店が開店し、大正時代頃から各地に広まっていった。日本風に仕立てられ独自の発達をし、現在ではカレーライスと並んで「日本人の国民食」と呼ばれるほど人気の食べ物となり、中華人民共和国や中華民国では日式拉麺(日式拉麵/日式拉面)または日本拉麺(日本拉麵/日本拉面)と呼ばれている。英語表記は、オックスフォード英語辞典によるとRamen、Chinese noodles。 ラーメンは江戸時代末に開港した横浜・神戸・長崎・函館などに明治時代になると誕生した中華街(当時は南京町と呼ばれた)で食べられていた中国の麺料理をルーツとするものである。

ラーメン大好き小泉さん

『ラーメン大好き小泉さん』(ラーメンだいすきこいずみさん)は、鳴見なるによる日本の漫画作品。『まんがライフSTORIA』(竹書房)などにて連載中の本格派ラーメングラフィティ。 2015年6月27日からフジテレビ系にて早見あかり主演でテレビドラマ化された。 あらすじ 女子高生・大澤悠のクラスに、小泉さんが転校して来る。無口でミステリアスな小泉だが、実は彼女は日ごと美味しいラーメンを求める、ラーメンのプロだった。 登場人物 小泉さん(こいずみさん) ラーメンをこよなく愛する女子高生。下の名前は3巻現在不明。ウェーブがかった、金髪ではなくかん水の黄色のイメージの髪を持つ美少女。ラーメンのこと以外に興味がなく、またつるんで食べるものではないという考えから友人などもほとんどいない。物語開始以前に悠たちと同じ高校に転校してきた。 ラーメンに関する知識とこだわりは他の追随を赦さず、突発的にご当地ラーメンが食べたくなると現地まで赴くなど行動力と執着心は高い。

「ラーメン」の動画


Warning: simplexml_load_file(http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/?vq=%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3+%E5%BA%83%E5%B3%B6&lr=ja&orderby=published) [function.simplexml-load-file]: failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.0 410 Gone in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 125

Warning: simplexml_load_file() [function.simplexml-load-file]: I/O warning : failed to load external entity "http://gdata.youtube.com/feeds/api/videos/?vq=%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%83%B3+%E5%BA%83%E5%B3%B6&lr=ja&orderby=published" in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 125

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/users/0/lolipop.jp-1285024a59e3007f/web/search.php on line 127
現在「ラーメン」の動画はありません。